団体信用生命保険(団信)とは

団体信用生命保険(団信)とは

団体信用生命保険(団信)とは、マイホームを守ってくれる保険。

もしも自分に何かあった時にマイホームを守るための保険を「団体信用生命保険」(通称「団信」と呼ばれることが多いです)と言います。団信は、住宅ローンの返済途中で、お亡くなりになったり高度障害になった場合に、ご本人に代わって生命保険会社が住宅ローンの残高を支払う、というものです。
住宅ローンは高額で、しかも長期にわたります。もし団信に加入していない方に万一のことがあったら、残された家族の方が住宅ローンを返済し続けなくてはなりません。マイホームに安心して住み続けるためにも、団信はとても重要なものだと言えるでしょう。

もしも返済途中で万一のことがあったら… 住宅ローン残高 予定返済期間 死亡高度障害など 以降のローン残高は0円に ※イメージ図

団体信用生命保険という名前に、どうして「団体」っていう言葉があるの?

団体信用生命保険(団信)とは、住宅ローンを借り入れている方が亡くなったり高度障害になった時に、生命保険会社が住宅ローンの残高を保障してくれる保険ですが、保険の契約は住宅ローンを借り入れている方と保険会社ではなく、金融機関(銀行など)と保険会社との間で取り交わされています。「団体信用生命保険」に「団体」という言葉が使われているのは、個人の契約ではないからなんです。団信は、銀行にとっては万一のことがあっても保険金で残りのお金を充当できるメリットがありますし、残されたご家族の方も住宅ローンの残高をゼロにすることができるという、両者のリスクを考えた仕組み、というわけです。
団信自体は、住宅ローン以外に付帯することもありますが、一般的には住宅ローンのための保険を指すことが多いので、団信の意味として「住宅ローンの保険」と思っておくとよいでしょう。

住宅ローン ローン返済 融資 お客様 金融機関(銀行) 団体信用生命保険 保険料 保険金 保険会社 ※イメージ図

団信に加入しないと住宅ローンは借りられない?

金融機関で住宅ローンを借りる際には、団体信用生命保険(団信)への加入が条件になっていることがほとんどです。住宅ローンの申し込みの時に、健康診断の結果が必要なのはこのためです。そのため、健康に問題がない状態でないと、住宅ローンも借りることが難しいです。これは借り入れのときだけではなく、借り換えの際も同様なので、健康でいることは住宅ローンを借りるために大切なことだといえます。
最近ではこの「健康」の基準を広げて、たとえ健康状態が良好でなくても入りやすくしている団信もありますので、銀行の窓口や保険会社に相談するとよいでしょう。もちろん、団信を取り扱っている私たちカーディフに相談いただいても大丈夫です。

家を買う セット 住宅ローン+団体信用生命保険

団信はいつのまにか進化している?

ひと昔前の団体信用生命保険(団信)は、どの銀行で加入してもそれほど変わらないという印象が強かったと思います。団信によって保障されるのは、亡くなった時と高度障害の時だけだったからです。
でも、団信も少しずつ進化しています。先ほどちょっとお話しした、健康の基準を広げた団信もそのひとつです。中には、「加入の条件」ではなく、「保障の範囲」を工夫してもっとお客さまに役立つ団信も登場しています。