団体信用生命保険(団信)の保険料はいくらくらい?

福森俊希

住宅ローンを組むと、団体信用生命保険(団信)に加入する人は多いはずです。しかし民間の金融機関では、団信の保険料を金融機関が負担することが多いので、保険料がいくらかご存知の方は少ないのではと思います。

そこで当記事では団信の保険料について詳しく解説していきます。

そもそも団体信用生命保険(団信)とは

住宅ローンに付帯される団体信用生命保険(以下、団信)とは、住宅ローンの契約者が死亡・高度障害で支払事由に該当したとき、その時点のローン残高に相当する保険金を保険会社が金融機関に支払うことで、住宅ローンが完済となる保険制度のこと。
契約者に万が一のことがあっても、団信でローンを肩代わりしてくれるため、残された家族も安心してマイホームに住み続けることができます。

また団信は、金融機関にとっても重要な役割を果たしています。
金融機関としても、住宅ローンを借りている人に万が一のことがあった場合、貸付けたお金を回収することができなくなるリスクが高まります。しかし団信制度を活用することで、契約者に万が一のことがあったときでも保険金でローン残高が支払われ、リスクを回避することができます。つまり団信は債権保全にも役立っており、金融機関から見ても必要な保険制度であると言えます。

そのため、多くの金融機関では、住宅ローンを組む際に団信の加入が義務となっています。

団体信用生命保険(団信)とは

団信については以下の記事で紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

団体信用生命保険(団信)とは
団体信用生命保険に入らないとどうなる?万が一の時のための団信加入の魅力

また団信に加入するには、加入時に契約者自身の健康状態の告知が必要です。
団信の加入は住宅ローンの借入条件になっていることも多く、健康状態によっては加入できず審査に通らない可能性も考えられます。

しかし健康状態によって一般団信に加入できなくても、団信の加入義務がない「フラット35」や、引受基準が緩和された「ワイド団信」などに加入することで対処できます。そのため団信に加入できなかったとしても、すぐにマイホームを諦める必要はありません。

団信の告知については、こちらの記事でも解説しています。

団信の告知や審査で気をつけるポイントは?告知書の記入方法も解説!

団信の保険料はいくらくらい?

実は、民間金融機関で住宅ローンを借り入れする場合、団信の保険料は金融機関が負担していますので、ローン契約者が支払う保険料は0円です。つまり、死亡・高度障害を保障する一般団信の保険料という観点では、どの金融機関を選んでも差はありません。

ただし現在では死亡・高度障害だけでなく、さまざまなリスクをカバーする特約付団信を選ぶ例が一般化してきています。特約付団信の場合、通常金利に年+0.3%など上乗せ金利方式で案内される例が多く、この場合「借入金額」や「借入期間」によって負担金額に差が生じます。また、特約付団信の保障内容は金融機関により異なりますし、金融機関によってはキャンペーンなどで特約付団信の上乗せ金利まで金融機関が負担してくれる例もあるなど、住宅ローンの差別化のポイントにもなっています。

住宅ローンを組む際は、借入金利だけではなく、団信の上乗せ金利と保障内容についてもよく確認する必要があると言えますね。

では団信は特約などによって、どれくらい保険料が変わってくるのでしょうか?
以下で詳しく見ていきます。

団信の種類によって保険料が変わる

団信の特約といっても様々で、その種類によって保険料は大きく異なってきます。もちろん全ての特約を付ければ安心できますが、その分、保険料は高くなってしまいます。

まずは、団信の基本にどのような保障があるかを理解しておくことが大切です。その上で自分にどのようなリスクがあるかを理解し、特約を付けるようにしていきましょう。

では団信の基本はどのような保障があるのでしょうか?

実は団信の基本は「死亡保障」と「高度障害」しかありません。これらの保障だけでも充分な気がしますが、場合によってはこれらの保障だけでは足りなくなる可能性もあります。

たとえば死亡または高度障害ではなく、がんなどの重い病気で働けなくなってしまった場合はどうでしょうか?

この場合、団信の基本保障である「死亡保障」と「高度障害」に該当しないため保険金は下りず、住宅ローンを払い続けなければなりません。もしこのような状態になると、収入が途絶えローンを支払うことができず、最悪の場合マイホームを手放すことを考える必要があります。

そこでこのような事態を避けるために、団信に特約をつけるといいでしょう。

団信の特約には、「がん特約」や「三大疾病」、「八大疾病」などの特約があります。これらの特約を付けることで、これらの病気で支払事由に該当する場合、保険金が支払われるため、残りのローンがなくなります。特約によって、病気やケガなどで長期間働けなくなった場合も保障対象になるというわけです。
万が一に備えて、このような特約を付けておけば、安心して住宅ローンを組むことが可能です。

基本保障・がん特約・三大疾病特約・八大疾病特約

ただしこのような特約を付ければ、多くの場合、上乗せ金利として負担する金額は上がってしまいます。上乗せ金利の割合、金額は金融機関によって様々で、たとえば以下のような条件があります。

  • 三大疾病は保険料の金利上乗せ無しだが、八大疾病は金利に0.3%上乗せされる
  • 八大疾病も金利上乗せなし
  • 上乗せされる金利は年齢により異なる

このように上乗せ金利は金融機関によって大きく異なります。
住宅ローンを借りる時は、借入金利だけではなく、このような団信についてもよく確認しておくといいでしょう。

住宅ローンの金利だけではなく、団信にも気を配って金融機関の選択を

住宅ローンを組む際は、金利だけではなく団信の保障内容まで気を配って金融機関を選びましょう。住宅ローンは長期で返済していくものであり、万が一のことがあった場合に備えて保障内容を理解しておくことは大切です。

たとえば、がん保障や三大疾病保障などの特約付団信の保険料を負担してくれる金融機関があったり、特別なキャンペーンで金利が優遇されたりする場合があります。

特に団信に関するキャンペーンは見逃しがちになりますが、借り入れを行う前によく確認しておくといいでしょう。

実際、カーディフ生命の行った「住宅購入した未婚男女の意識調査」では、住宅購入前・購入時にやっておけば良かったこと(複数回答)のトップが、男女ともに“団信の特約をつけておけばよかった”という結果も出ています。

~カーディフ生命、「住宅購入した未婚男女の意識調査」を実施~
購入理由、女性は「将来を見据えた安心感」、男性は「いつか家族と暮らす家」

▼住宅ローンを選ぶときに確認するポイント

  • 借入金利はいくらかかるか?
  • 団信の保障内容はどうか?特約をつけるべきか?
  • 団信のキャンペーンは実施されているか?

住宅ローンはどうしても金利だけを比較したくなりますが、長い目で見ると団信はもちろん、返済のしやすさや手続きの簡便さなども含めて、総合的に判断していく必要があります。

「万が一」のことはいつ起きるかわかりません。そのような事態になっても安心して生活できるように、団信についてもよく考えておくことが、住宅ローンを組む上での大切なポイントと言えますね。

参考文献
※ 一般財団法人 住宅金融普及協会

公開日:2020年10月02日

福森俊希

福森俊希

大学時代にFP2級と、日商簿記2級を取得。家庭の事情で一旦大手自動車部品メーカーで勤務後、FPに転身。現在はFPとして対面で相談を受ける傍ら、Webライティングで金融知識の提供も行っております。

RECOMMENDおすすめ記事はこちら