-マイホーム・マイライフ-
部屋の隅々まで明るい南仏のプロヴァンス風つくりを動画でチェック!


第2話はこちら

東京都 立川市 K氏邸 ―分譲住宅― Vol.3

 

レンガ造りの玄関ドアを開けて南仏の世界へ

アンティークなドアを開くと、壁も床も真っ白な廊下がお出迎え。大理石風の床のおかげで、シンプルでありながら、リッチな雰囲気が漂います。廊下、階段ともに陽光を取り入れやすい設計になっており、取り入れた光が白い壁や床に反射することで、家全体が明るく感じます。

 

柔らかい陽光が差し込む明るいリビングで家族団らん……

廊下の階段を上がると見えるのが2階のリビング。窓や壁の飾り、子どもが自由に飛び跳ねられるトランポリンなど、自分たちが好きなものをギュッとつめこんだ空間で、一家団らんのひと時を過ごすことができます。2階のため、陽光が入りやすく、明るいのもポイント。

 

週末は自分専用の“工房”で趣味の革細工を楽しむ

以前は靴の修理店を営んでいたというKさん。お客さんからバックなどの革製品の修理を請け負う内に、すっかり革製品の魅力にハマってしまったのだとか。男の憧れでもある自分専用の部屋を「工房」として使い、週末はレザークラフトを誰にも気兼ねすること無く楽しんでいます。

 
第2話はこちら

M0000OG2737(2018.05新)

スマイルすまい編集部

スマイルすまい編集部

暮らしがちょっとすてきになるアイデアや、住まい選びのヒントになるような記事を、心を込めてお届けしている編集部です。 ふとした時に思い出してもらえる、気軽に訪れてほんの少し幸せな気分になってもらえる、そんなサイトを目指しています。