-マイホーム・マイライフ-
革細工のマイ工房と明るい2階リビングが叶えた「趣味と家族団らんを目いっぱい楽しむ家」


第2話はこちら

東京都 立川市 K氏邸 ―分譲住宅― Vol.1

「家は生活の宝石箱でなくてはならない」と、建築家のル・コルビュジエは言ったそうです。懐かしい手紙、子どもがくれたきれいな石ころ、日常の出来事がきっと人生を輝かせる宝物。この連載では、そんなマイホーム=宝石箱を手に入れた人たちが、そこに移り住んでみて感じた幸せや、豊かな生活をさまざまなケースとともにご紹介します。
さらに、マイホームを手に入れるために避けて通れないお金の話について専門家の方にアドバイスをいただき、あなたがそんな宝石箱を手に入れる一助になればと願っています。

 

洒落たデザインに、ひと目ぼれ

赤レンガでできた玄関アプローチの先には、アンティーク感たっぷりのドアがお出迎え

Kさん夫妻がこの家を買ったのは10年前。結婚式を立川で挙げたのがきっかけです。「式の打ち合わせで立川に来るたび、いい街だと思いました。交通も便利、さらに発展しそうな将来性もあるし、立川で家を持とうと考えました」とKさん。

ちょうど売りに出ていたのが、駅徒歩5分のこの家。「玄関も個性的でいいなと思い、すぐにこの物件を販売している工務店に行きました。『南フランスのプロヴァンスをイメージして建てました』と説明を受けて中に入ると、廊下が大理石風。2階リビングが明るく、窓のデザインも洒落た縁取りがしてあって、これだ、と思いました」。住んでみて、リビングが2階にあると、日当たりやプライバシーが確保できて快適だと実感しているそうです。

大理石風の床が素敵な1階の廊下

 

のびのび子育て。トランポリンもペットも

2階リビングに置いたトランポリンでジャンプを披露してくれる、ひとり息子のIくん。「トランポリンはダイエットに効果ありと聞いて買いました。でもいちばん飛び跳ねているのは大人じゃなくて、子どものIです」と妻のEさんは笑います。Iくんは少年野球チームに加入して張り切っている小学3年生。体を動かしたくてたまらない年頃です。「トランポリンができるのも、少々走り回ったくらいでは怒らなくて良いのも、階下を気にしない戸建てだから。それに周囲に気兼ねなくペットも飼えるし」。10年前に家を買って間もない頃、飼い始めたボストンテリアのハナちゃんは、老化で目も衰えてきましたが、今も家族の人気者です。

トランポリンで遊ぶI君
窓の洒落た縁取りも魅力的なリビング

 

明るい階段室は、ミニ・ギャラリー

階段室(階段だけが設けられた空間)の天井は斜めになっていて、明かり採りの窓から光が降り注いでいます。白い壁には、お洒落な雰囲気のモノクロ写真がさりげなく掛けられていて、ミニ・ギャラリーのようです。「アメリカの大学を卒業したあと、ニューヨークの会社に勤めていたことがありました。友達に教えてもらったお店でカメラを買って、写真を撮り始めたんです。これはその頃の作品」とEさん。

階段室の壁には夫婦の趣味の写真が飾られ、ギャラリーに

その後、帰国したEさんは写真学校の現像教室に通い、Kさんと出会ったそうです。家族の作品や思い出の品を心おきなく飾れるのも、壁の穴あきを気にしなくてもいい戸建ての良さかもしれません。これからはIくんの作品も、彼の成長とともに増えていくことでしょう。

 

戸建てだから満喫できる、趣味の時間

グラフィックデザイナーのKさんの趣味はレザークラフト。その趣味を思いっきり楽しめる部屋が3階にあります。
「革を縫うミシンは音が大きくて、マンションではあまり使えません。戸建てにして何より良かったのは、私も家族も音を気にしすぎないで、暮らしを楽しめることでしょうね」

さまざまな種類の革や糸が並んでおり、まるで工房のよう

 

不安がいっぱい。頭金なしでのスタート

穏やかな雰囲気のKさん夫妻ですが、初めての住宅購入は不安がいっぱいでした。何しろ駅徒歩5分の好立地、急がないと売れてしまうと思い、勢いで、頭金なしで家を買う決断をしたのです。
「貯金を崩さなかったのは、旅行など暮らしを楽しむ余裕を残したくて。試算すると月々の返済はふたりで住んでいた家賃と同じくらい。共働きを続け、できるだけ繰り上げ返済をしていこうと決めました」。

とは言え初めての経験、本を読むだけではどんな住宅ローンを選べばいいのかピンときません。「悩んでいたら、この家を販売している工務店からお金に詳しい不動産会社の方を紹介され、そこで東京よりローン審査に通りやすい近県の銀行を教えてもらいました。また、ローン返済の途中でもっと金利の低い銀行に借り換えた方がいいのでは、と悩み、銀行の担当者に相談したら金利を低くしてくれたこともありました。どのローンを選ぶかなどお金のことで悩んだら、詳しい人や銀行の人に率直に相談するのが大事ですね」
 
[東京都立川市にお住まいのKさんのDATA]
居住エリア:東京都立川市 価格:3000万円台
施主お名前:K.M様
家族構成:本人(40歳代)・妻(40歳代)・子ども(小学生)
間取り:3LDK 延床面積:87.53m2 ・ 敷地面積:86.77m2

[間取り図]


Kさん夫妻と息子のIくん。愛犬のハナちゃんと一緒にリビングにて

 

POINT
一戸建てはマンションと異なり、管理費や修繕積立金、駐車場代などが毎月コンスタントにかかるということがありません。その分、毎月の家計に余裕も生まれるでしょう。ただし、油断は禁物です。将来起こりうる修繕に備えるためにも、貯蓄を心がけてください。 一戸建てに住む場合、修繕を他人任せにはできません。ご自身で少しずつでも修繕の計画を実行していくことが肝要です。

 

監修:久谷真理子(くたにまりこ)
株式会社フリーダムリンク専務取締役
ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー、公認不動産コンサルティングマスター 都市銀行にて融資業務を経験。会社設立後は、住宅ローンや相続・不動産などの相談業務および実行支援業務を行う。
また、日本経済新聞(M&I)等にて金融情報を発信。

第2話はこちら

M0000OG2647(2018.05新)

スマイルすまい編集部

スマイルすまい編集部

暮らしがちょっとすてきになるアイデアや、住まい選びのヒントになるような記事を、心を込めてお届けしている編集部です。 ふとした時に思い出してもらえる、気軽に訪れてほんの少し幸せな気分になってもらえる、そんなサイトを目指しています。