共働き夫婦で住宅ローンを組む4つの方法!ペアローンや収入合算のメリットは?

村田日菜子

共働きであれば、夫婦2人の収入を前提として住宅ローンを組もうと考える方も多いのではないでしょうか。
ペアローンや収入合算などの選択肢も増えますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

今回は、共働き夫婦ならではの住宅ローンの組み方4つをご紹介します。
さらに、組み方によって異なる団体信用生命保険(団信)の加入対象者や注意点についても解説します。

共働き夫婦の住宅ローンの組み方は主に4つ

共働き夫婦が住宅ローンの契約する場合、主に次の4つの方法があります。

【主な住宅ローンの組み方】

  • 1人で組む
  • 夫婦の収入を合算して連帯保証型で組む
  • 夫婦の収入を合算して連帯債務型で組む
  • 夫婦それぞれが組む(ペアローン)

以下で詳しく解説していきます。

【パターン1】1人で住宅ローンを組む

1人で住宅ローンを組む

夫婦のどちらか1人が住宅ローンを組むパターンです。
たとえば「子どもが生まれたら夫婦のどちらかが専業主婦(主夫)になる予定」といった夫婦に向いています。
1人分の収入で返せる金額だけを住宅ローンとして借りることになるため、共働きを続ける場合には家計に余裕が生まれます。
デメリットは、借入額の上限が少ないことです。もし借入額を増やしたい場合、パターン2~4を検討しましょう。

【パターン2】連帯保証型(収入合算)

連帯保証型(収入合算)

収入合算とは、夫婦2人の収入を合計して住宅ローンの審査を受ける方法で、住宅ローン手数料が1契約分で済むのがメリットです。
連帯保証型は夫婦が「主債務者+連帯保証人」として契約するため、連帯保証人は団体信用生命保険(団信)や住宅ローン控除の対象外となります。主債務者の返済が滞らなければ、連帯保証人に返済義務は発生しません。

【パターン3】連帯債務型(収入合算)

連帯債務型(収入合算)

収入合算で「主債務者+連帯債務者」として住宅ローンの審査を受け、夫婦2人で返済責任を持つ方法を連帯債務型といいます。
連帯保証型と違って2人とも債務者になるため、住宅ローン控除を2人分利用できる点がメリットです。
団信は1人しか加入できない場合と、2人で加入できる場合があるため、後ほど詳しく解説します。

【パターン4】ペアローン

ペアローン

パターン1~3までは住宅ローンを1本契約する方法でしたが、夫婦で2本の住宅ローンを組む「ペアローン」で借入額を増やす選択肢もあります。
住宅ローンの返済期間や金利タイプを夫婦で変えられることや、住宅ローン控除や団信を2人とも活用できる点がメリットです。
デメリットとしては、2本分の住宅ローン手数料が必要になります。

夫婦で住宅ローンを組んだ方がメリットが大きいのは?

1人で住宅ローンを組む方が良いのか、収入合算・ペアローンで組む方が良いのかは、夫婦の収入や今後の働き方、住宅ローンの借入額などによって変わります。一般的に、次のような場合だと収入合算・ペアローンを検討されても良いでしょう。

1人だと希望額の借り入れが難しい場合

収入合算やペアローンを活用すると、住宅ローンの借入額を大きく設定しやすくなります。
都市部など物件価格が高く1人の収入では手が届きにくい場合や、用意できる頭金が少ない場合などは、2人の収入で審査を受けることで希望額の借り入れができるかもしれません。
ただし共働きだからといって、あまりに高額な住宅ローンを組むのは危険です。夫婦の収入が安定していて、借入額が少し不足する程度なら、利用を検討すると良いでしょう。

借入額の設定について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
住宅ローンは手取り年収の4~6倍までが無理のない借入金額!計算方法を解説

夫婦でずっと共働きを続ける予定の場合

連帯債務型とペアローンの場合、夫婦それぞれが住宅ローン控除を受けられるというメリットがあります。
年末の住宅ローン残高の1%分が所得税から控除されるしくみで、最大控除額は1人あたり40万円/年(長期優良住宅の場合は1人あたり50万円/年)です。10~13年間の住宅ローン控除が受けられるため、夫婦2人で働き続ける予定であれば、金銭的に大きなメリットになるでしょう。

夫婦それぞれが住宅ローン控除を受けられる場合

※連帯債務型・ペアローンで住宅ローン控除を最大限(80万円/年)受けられるのは、8,000万円以上のローンを組み、夫婦ともに借入額が4,000万円以上ある場合です。
(1人あたり40万円/年の控除を受けるには、年末のローン残高が4,000万円以上である必要があるため)

夫婦で住宅ローンを組むとき団体信用生命保険(団信)はどうなる?

夫婦で住宅ローンを組むとき、必ず考えておかなければならないのが、団体信用生命保険(団信)についてです。住宅ローン契約者が死亡・所定の高度障害状態となった場合に住宅ローン残高がゼロになる保険で、ほとんどの住宅ローンで貸付の要件となっています。

団体信用生命保険(団信)について詳しくはこちらの記事をご覧ください。
団体信用生命保険(団信)とは?保障内容から保険料、注意点まで徹底解説

団信の対象を共働き夫婦での住宅ローンの組み方別に表にすると、以下のようになります。
参考までに、「住宅ローン控除」や「住宅の名義」についてもあわせてまとめています。

共働き夫婦での住宅ローンの組み方4つの表

夫婦で住宅ローンを組む場合、借り方によっては1人しか団信に加入できません。万が一の場合、残された方が1人で返済を続けなければならなくなるため、しっかり検討しておきましょう。

連帯保証型(収入合算):主債務者のみ加入

たとえば夫が主債務者で住宅ローンを組んで団信に加入する場合、夫の死亡では住宅ローン残高がゼロになりますが、収入を合算して一緒に住宅ローンを組んだ妻の死亡リスクに対応できません。夫の収入が十分なら問題ないのですが、小さな子どものいる家庭など、妻の死亡で出費が増える例も多いため注意が必要です。
連帯保証人の死亡リスクに対して、生命保険でカバーするなど対策をとることをお勧めします。

連帯債務型(収入合算):主債務者のみ or 連生団信に2人で加入

連帯債務型も基本的には、主債務者しか団信に加入できません。

※金融機関によっては主債務者と連帯債務者それぞれが団信に加入できる場合があります。

しかし夫婦で加入できる「連生団信」という商品もあり、どちらが死亡・所定の高度障害状態になっても住宅ローン残高がゼロになります。

もう1つ共働き前提で住宅ローンを組んだときに困るのが、片方の病気で収入が減ってしまうことです。特に「がん」など長期治療が必要な病気を患うと、入院費や治療費で出費が増えたうえに、休職などで収入が減る期間も数ヵ月、数年と長引く可能性があります。
そんなリスクに備えられるのが、連生団信の保障内容にがん保障が付いた「連生がん団信」です。
「連生がん団信」であれば、夫婦のどちらか一方が万が一の場合や、がんになった場合も、住宅ローン残高がゼロになります。

連帯債務のメリット・デメリットや団信の対象について、あわせてこちらの記事もご覧ください。
連帯債務の特徴は?連帯保証・ペアローンとの違いについてご紹介

ペアローン:2人で加入

夫婦それぞれが団信に加入します。パートナーが死亡・所定の高度障害状態になった場合はパートナーの分の住宅ローン残高はゼロになり、自分の分だけ住宅ローン返済を続けます。
収入が1人分になると生活費や教育費の負担が増えるため、無理なく返済できる借入額にしておくことが大切です。

夫婦で住宅ローンを組むときの注意点

夫婦で住宅ローンを組む場合、1人で住宅ローンを組む場合にはないリスクもあります。
以下のような問題について理解し、夫婦でよく話し合って住宅ローンの組み方を選択しましょう。

片方の収入減で返済が苦しくなる

共働き前提で住宅ローンを組むと、もしものときのリスクも増大することになります。
たとえば妻が出産後に仕事を続ける予定でも、産後の回復が悪かったり保育園探しが難航したりと、予定通りに復職できない場合は少なくありません。出産・育児以外にも、介護や病気、転職など、どうしても収入が減ってしまうことはあります。

ペアローンや収入合算で住宅ローンを借りるなら、収入が減っても返せる借入額に設定することが大切です。住宅ローンの借入期間を短くしすぎず、月々の返済額を抑えておくのも良いでしょう。
また、収入減に備えて、共働きできるうちは夫婦で多めに貯蓄しておくと安心です。

住宅の名義によっては贈与税が発生する

共働き夫婦の住宅の名義は「自己資金+住宅ローン」を負担した比率で決めます。
住宅の名義を夫婦で50%ずつにしたいなら、負担する費用も50%ずつにします。たとえば、出資額が夫:妻=7:3なのに名義を50%ずつにしてしまうと、夫から妻へ利益供与があったとして贈与税が発生する可能性があります。

贈与税が発生する場合

共働きが続きそうなら、住宅ローン控除も考慮したうえで、それぞれの収入に合わせて返済の割合を決めるのが合理的です。
しかし夫・妻のいずれかが将来的に退職するのであれば、「妻(夫)が返済すべき借入金を夫(妻)が返済している」として贈与税の対象となる可能性が出てきます。所得がなくなれば住宅ローン控除も適用されないため、夫(妻)の返済割合を前もって多くしておいた方が良いかもしれません。

離婚時にトラブルになりやすい

ペアローンもしくは連帯債務で住宅ローンを組んで購入したマイホームは夫婦の共有名義になるため、離婚した場合にはさまざまな問題が生じます。
まず、売却にお互いの同意が必要なので、意見がまとまらないときに困ることになります。
離婚後にどちらかが住み続ける場合、家を出ていった方も住宅ローンを支払い続けるか、住宅ローンの名義を変更するなどの対策をとらなければなりません。
離婚後は話し合いが難しくなることも多いため、トラブルを防ぐためにも事前に話し合っておくと良いでしょう。

夫婦で住宅ローンを組むときは収入の見通しを立ててリスク管理を

ここまで、共働き夫婦での住宅ローンの組み方を解説してきました。
夫婦で住宅ローンを組むメリット・デメリットを大きく分けると、以下の通りです。

【夫婦で住宅ローンを組むメリット】

  • 住宅ローンの借入額を増やせる
  • 住宅ローン控除が2人分受けられる

【夫婦で住宅ローンを組むデメリット】

  • 片方だけでも収入が減ると住宅ローンの返済が行き詰まりやすい
  • 死別や離婚で困る場合がある

夫婦で住宅ローンを組むなら、今の世帯収入だけでなく妊娠、出産、介護、転職などさまざまなライフイベントで2人の収入がどのようになるか見通しを立てることが大切です。
特にこれから出産予定、まだ子どもが小さい家庭の場合、夫婦それぞれの死亡・病気等のリスクに対して必要な保険を検討しなければなりません。夫婦のどちらが死亡・所定の高度障害状態になっても住宅ローン残高が保障される「連生団信」や、がん保障が付いた「連生がん団信」なども選択肢の1つに入れると良いでしょう。

今回は4つの組み方を解説しましたが、金融機関によっては取り扱いがない組み方もあります。検討の際には、金融機関に取り扱いがあるか確認する、またはお2人に合った住宅ローンの組み方を取り扱う金融機関を探すようにしましょう。

公開日:2021年01月18日

村田日菜子

村田日菜子

建築学科卒業後、住宅専門のライターに。住まいづくりのノウハウから、住宅ローンや税金といったお金のことまで、住宅・建築ジャンルの記事を多数執筆。住まいにまつわる疑問やお悩み、むずかしい制度や法律も、分かりやすくお伝えします。

RECOMMENDおすすめ記事はこちら