ボクとワタシの「幸福論」 第5話


第4話はこちら ┃ 第6話はこちら

「幸せだから笑うのではない。むしろ笑うから幸せなのだ」
こんな味わい深い言葉を新聞にプロポ(短めのコラム)として、毎日のように書き残した哲学者アラン。
そのプロポから幸福について書いた言葉だけを集めたものが、『幸福論』です。
「幸せ」をテーマに、さまざまな分野に取り組む人が、その人の『幸福論』を語ってくれる連載です。
 

プロポ90 「幸福は気前のいい奴だ」

岩波文庫『幸福論』より


今日をていねいに暮らすことが幸福への第一歩
 

「くらしのきほん」主宰 / エッセイスト 松浦弥太郎さん
 

読者との対話を重視したアランの誠実さ

ハタチを過ぎたころの僕には、人生や将来に対する漠然とした不安・疑問が山ほどあって、その答えを何とかして見つけるために、たくさんの本を読みあさっていました。その中の一冊に『幸福論』がありました。まだ経験の足りない若者でしたから、成熟した大人であるアランの話がすとんと理解できたわけではありません。ただ、誰もが求めているけれど、形のない「幸福」というものに挑んでいるアランの姿勢に憧れましたし、一つ一つのプロポのタイトルから、何かしらのヒントをもらったことは確かです。

年齢を積み重ねていく中で、何度も『幸福論』を読み返していますが、そういった付き合いをする本が僕にはいくつもあります。そのときどきに感じた疑問や心のコンディションによって、必要な本を探して読むわけですが、簡単に理解できるものもあれば、そうでないものもある。前者を否定するわけではないけれど、僕は読み返すことで少しずつ理解が深まっていくような本が好きです。

『幸福論』は、まさにそんな一冊だと思います。タイトルは単純だけど、プロポを読み進めていくとまるで迷路のようで、ほとんど結論がないまま終わっていく。不親切というわけではないのですが、「君はどう思う? 答えは君が出せばいい」と考えさせられながら答えらしきものに徐々に近づいていくような……。そんなところからも、読者とのコミュニケーションを重視しているアランの誠実さがうかがえます。いってみれば、この本を読むことは、アランとの対話なんですね。
 

物欲を満たしても幸福は訪れなかった

僕はこれまでいくつもの本を書き、『暮しの手帖』の編集長を任じ、今、「くらしのきほん」というWebサイトを運営しています。どの仕事も、アランのような哲学的な表現手法ではないけれど、僕が気付いた日常生活の中で大切にしたいフィーリングに近いものを、誰かに伝えるために書き続けている――その点において、アランが毎日、新聞の連載として書き続けた『幸福論』のアプローチと似ているんですよね。今回、このお話をいただいたことで、自分がやってきたことは、アランからとても影響を受けていると、あらためて認識することができました。

僕ごときの基準ではありますが、若い頃、けっこうな物欲を持って生きていました。でも、物欲が満たされても、心から豊かになれた、幸せになれたとは思えず、手に入れた物の先にある希望が分からなくなった。そのことに自然と気付いたのが、30代に入ってからだったでしょうか。一冊の本だったのか、人との対話だったのか、影響のもとは分かりません。歳月を積み重ねたことで、ささやかな人生の分岐点が見えたのだと思います。そのときから徐々に、僕は毎日の暮らしの大切さに気付くようになりました。

暮らしの中にはさまざまな学びが満ち満ちています。できるだけ毎日を前向きに楽しく、ていねいに笑顔で過ごし、一つ一つの学びに感謝する。僕はこれこそが幸福の原点だと思っています。みなさんも何かを学べたと思えたとき、感謝の気持ちが湧きますよね。もちろん、時には悲しい出来事や、想定外の困難に遭うこともありますが、それも一つの学びです。暮らしの中で起こることがなんであっても、全てのことに「ありがとう」と感謝できる人になる。自分自身も含め、そんな人に少しでも近づけるよう、暮らしの大切さを表現し、伝え、共有していく。それが僕のやりたいことであり、ライフワークなのです。
 

 

第4話はこちら ┃ 第6話はこちら

語り手:松浦弥太郎
1965年、東京都生まれ。高校中退後、渡米。アメリカの書店文化に引かれ、帰国後、オールドマガジン専門店、トラックによる移動書店などを運営。2002年、中目黒にセレクトブックストア「COW BOOKS」を開業。06年から『暮しの手帖』編集長を9年間務め、15年4月「くらしのきほん」をスタート。「正直、親切、笑顔、今日もていねいに」を信条とし、暮らしや仕事における、楽しさや豊かさ、学びについての執筆や活動を続ける。(株)おいしい健康の取締役。エッセイストとして著書多数。雑誌連載、ラジオ出演、講演会なども行う。

M0000OG1502(2017.03新)


スマイルすまい編集部

スマイルすまい編集部

暮らしがちょっとすてきになるアイデアや、住まい選びのヒントになるような記事を、心を込めてお届けしている編集部です。 ふとした時に思い出してもらえる、気軽に訪れてほんの少し幸せな気分になってもらえる、そんなサイトを目指しています。