マンション購入を考えている独身女性必見!マンション選びの最重要ポイント


「おひとりさま」なんて言葉が流行るほど、ひとりの時間を大切にする生き方が注目される時代です。そんな中、女性も自分のためにマンションを購入する機会も増えてきています。初めてのマンション購入には不安もいっぱい。どんなところに気をつけたらよいのでしょうか。

まずはマネープラン、総合的な支出をしっかり考えて

マンションは大きなお金が動く買い物です。貯蓄や安定した仕事があるからといって、無計画に購入するのはリスクが高すぎます。女性・男性を問わず、ひとりでマンション購入をする際、返済計画にゆとりのないローンを組むことは控えたほうが良いでしょう。夫婦でお金を出しあったり支えあったりして住宅を購入する場合と比べると、単身での住宅購入は、将来の収入などの変化に対する柔軟性に乏しく、ローン返済が難しくなることもあります。
住宅ローンは、月々の返済金額を収入の25%程度に抑えるのが理想的だと言われます。管理費や駐車場代、修繕積立費など総合的な支出を考えたうえで、まずは無理のない返済とお金の管理の計画を立てましょう。

物件選びの注意点

お金の管理も大切ですが、購入するマンションの選び方にも注意が必要です。マンションの価値というのは、かなり変動的なものです。ちょっとした日当たりの違いだけでも、資産価値に大きな影響を与えることがあります。また、始めは一生住むつもりで購入したマンションも、状況や心境の変化で急に売りに出すことになるケースも考えられます。そのため、将来売却することも考えて物件を選ぶこともひとつの手段です。マンションの資産価値は周辺の環境や間取りなどで大きく変わってきます。条件の良い物件ほど早く売れてしまうので、なかなか難しいですが、マンション購入の際にはこうしたポイントを厳しくチェックしたうえで慎重に物件選びをすることが大切です。

わからないことはプロに相談、第三者の意見も聞いて

女性のマンション購入のポイント単身でのマンション購入だからといって、何もかもをひとりで決める必要はありません。ひとりで購入を検討する場合、どうしても思考の過程が独りよがりになりがちで、客観的に自分の考えを判断できなくなることも。自分の理想ばかりでなく、第三者の視点で考える機会も大切です。
まして住宅購入は、一生に一度あるかないかの買い物だけに、場数を踏むというわけにもいきません。モデルルームを見て舞い上がってしまい、購入を即決したものの、あとになって「こんなはずじゃなかったのに・・・」という話も耳にします。マンション購入には素人ではわからないことも多いので、少しでも疑問や不安があれば不動産投資の専門家などに相談することもおすすめします。不動産のプロとして、将来を見越した的確なアドバイスをくれるので、購入の大きな手助けになってくれるでしょう。

慎重に検討しよう

将来のための大きな買い物となるため、多くの情報を集めて慎重に検討することが大切です。ローンの年数と同じぐらいの長期的な視点で、購入計画・返済計画をしっかりと立てましょう。ご自身にぴったり合ったマンションでの新生活を応援しています。

M0000OG1273(2016.09新)

八木 陽子

八木 陽子

【監修者】株式会社イー・カンパニー代表。 ファイナンシャルプランナー(CFP®)、一級ファイナンシャル・プランニング技能士、キャリアカウンセラー(CDA)、住宅ローンコンサルタント。 上智大学外国学部卒業。出版社で女性情報誌の編集部勤務をへて独立。「お金は生活に必要なものなのに、なぜ、話す機会が少ないのだろう?」という疑問から、堅いお金の話を楽しく分かりやすく伝えることを決意。現在までに延べ900件以上の家計診断・相談を行う。雑誌やWeb等にて連載を持つほか、情報番組など多数メディアに出演。